スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは時間にして約6分の夢であった

やってしまいました…。
ただでさえ色々とついてなく、思い起こせば色々と思い当たる節が多すぎる厄年の今年。
そして、残り少ない今年の運気を使い果たしたような気がします。


インターネットラジオステーション音泉にて毎週木曜日に配信中のほめられてのびるらじおPP第141回放送にて、自分めの荻さんお誕生日おめでとうございますのメールが採用されましたぁぁぁぁっ。\(>ヮ<)/


さらに、なんと、ついこの間に荻さんが記念艦『三笠』を訪れていたですとっ。
約3ヶ月に1回、特別展示がある時はその都度に見学している身としては、もしかしたら荻さんと…。と思っていたりしてうれしい限りです。さらにもしかしたら、ヴェルニー公園から乗組みを命ぜられている艦を見てくださったかもしれないと思うだけで、えくすたしぃっ。
メールも読んでもらったら風音さんのテンションが、思ったようになってくださいました。
そして、追伸で書いた日光の某ミニチュアで世界旅行なテーマパークのことを言ったら、日光もつい最近に訪れていたと。流石に某A大島には行かれていませんでしたが、荻さんと繋がっているようで浮かれまくりで、土曜夕方から日曜の夜までほめらじをエンドレス再生してました。(仕事の関係で土曜の夕方に下宿に帰ってきた)
そして、ほめらじTシャツのご利益も報告したら、それも取り上げてくれて万々歳。
もううれしい気持ちで一杯でテンションが上がり、祝いにミルクとカルピスとバナナときのこでささやかに独りで宴を開きました。
ほめらじを聞いている後輩がいるので、もしかしたらラジオネームがばれたかもしれませんが、ほめらじに採用されるなら、本望っ。

ほめらじ万歳っ。
荻さん万歳っ。
風音さま万歳っ。
スポンサーサイト

11月29日のココロ日記(BlogPet)

ひろいパソコンを抱き枕にしたら気持ちいいですかねぇ……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

流石の自分でも限界です

しばらく前に、メインPCである2005年冬モデルのFMVがダウンしそうなので、場所を取らない、コミケ時の前進拠点で情報収集に役立つだろうと言った理由でネットブックなるものを購入したが…
なんで、4年前のモデルより動きがもっさりしてるんだYO!
えろげは何とか我慢できる程度だが、何かしらのプログラムを併用したら強制終了するし…。
まぁ、元々予備機になれば程度に考えて買ったからいいけど、予想外に早くに逝ってメインPCに…。
もっさり動作に併用不可で途中で何度「フタエノキワミ、アッー」とやろうとしたことか…。

そして、考え付いたのが『自作している後輩から余剰部品を貰い、ついでに不足部品購入も手伝ってもらって技術供与してもらって組もう』と言う、すんばらしい案。
早速、協力してもらうべく、電話をしてみる。
ひろやま(以下ひ)「ほめらじわ、パッチー(仮名)。今日はお願いがあるんだけど」
後輩パッチー(以下パ)『お久しぶりです。相変わらず変なのは置いておいて、お願いって何ですか?』
ひ「PCの余剰部品を市場買取価格より少し高めに買うから、その部品を使って組めるパソコンを組むのを手伝ってくれないかい?」
パ『お前に食わせるタンメンはねえ、ではありませんが、残念ながら、今は余剰のはありません』
ひ「じゃあ、余剰の組上がったのは?」
パ『あるわけないじゃないですか…。分かっていて聞いてますね?』
ひ「無論だ。会話のキャッチボールで取れない大変化球を投げるどころか大暴投をすると称された男だからな」
パ『………。まぁ、作るんだったら手伝いますから、組んでいて困った時は連絡して下さいね』
ひ「うん。有り難う」

常に腹案を持て。
まだ、大丈夫だ。こんなこともあろうかと第2案も考えてある。
『PCを複数持っている先輩から余剰品を貰おう』案。

職場にて。
ひろやま(以下ひ)「オハイオ州ございます。今朝はお願いの義があり申す」
S先輩「…おはよう。相変わらず朝から変だね」
ひ「はっ。それが、小官の特色にございますゆえ」
S先輩「で、お願いって?」
ひ「稼働品で余っているPCってありますか?」
S先輩「あるよ」
ひ「ですよねぇ…。やっぱりないですよ…って、あるんですか?」
S先輩「うん。●年前のVAIOで相応の性能だけど、欲しいならタダであげるよ。処分に困っているから」
ひ「後で現物確認に行っていいですか?」
S先輩「うん。いいよ」


んで、先ほど先輩宅にて現物確認。
たしかに発掘品級でしたが、ないよかましで、もらうことに決めた。
流用できるところを流用すれば自作にチャレンジできるし。
が、キャリーカートがないと運搬困難なタワー型なので後で引き取りに行くことにする。流石に徒歩約10分→京急線→徒歩約10分(上り坂)は勘弁です。

11月22日のココロ日記(BlogPet)

ひろやまさんがブログに書いていた唇のお話、続きが気になります。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

YOKOSUKA軍港めぐり2



前回に引き続きYOKOSUKA軍港めぐりを後半戦としてお送りします。


明治期に海軍が吾妻半島を切り崩し水路とした新井掘割水路を通り抜けて、右手に見えてきたのは特務艇『はしだて』とYDT3号(水中処分母船3号)。

明日もきっと晴れ?(仮)-『はしだて』YDT03特務艇『はしだて』と水中処分母船3号

『はしだて』は国賓を持成す役割もありますが、災害時の人員、物資の輸送、救護所や指揮所の
役目も果たします。自衛艦の中で灰色一色ではない自衛艦で、甲板より上は白色に塗装されています。奥まった場所に停泊しているために中々お目にかかれないレアな自衛艦でもあります。

YDT3号はEOD、水中処分員を処分現場近くまで運ぶ役目を持っており、船尾にはEOD員や機材を揚降する小型昇降機が設置されています。こちらは自衛艦ではなく支援船に分類されます。



明日もきっと晴れ?(仮)-しらっせ1初代砕氷艦『しらせ』

引退した初代砕氷艦『しらせ』です。南極観測船とテレビや新聞で間違って報道されますが、海上自衛隊の分類では砕氷艦となります。

今は燃料や真水は陸揚げされ、搭載物品のほとんどが陸揚げされたので喫水が上がり、上構物の塗装も落ちたり色褪せています。見るに耐えぬ姿ですが、現実問題として水上に浮いた状態で保存するには経費が多額となるので難しいです。戦艦『三笠』のように埋め立てて保存するのも一考ではないでしょうか?

2代目『しらせ』が就役した今では『オレンヂ色の防舷物』と呼ばれて、この岸壁を主として使う海洋業務群や試験艦『くりはま』からは白い目で見られる日々。

(防舷物:船を港に係留する時など、舷側が直接岸壁やさん橋や他の船に接触すると損傷するので、それを防ぐために用いるもの)



明日もきっと晴れ?(仮)-Y-3護衛艦『おおなみ』、『まつゆき』、『せとゆき』、油船

『おおなみ』は満艦飾を実施していますが、『まつゆき』と『せとゆき』は艦飾(メインマストに自衛艦旗を掲揚)を実施しています。また、『まつゆき』は燃料搭載作業中であり、油船と同様に危険物を積載中の意味を持つ信号旗『B』(赤い旗)を掲揚しています。『せとゆき』と『まつゆき』は呉所属の護衛艦ですが、任務行動で横須賀基地に寄港したようです。

油船は自衛隊基地において艦船に燃料補給を任務とする小型タンカーです。




明日もきっと晴れ?(仮)-『ときわ』『あすか』試験艦『あすか』と補給艦『ときわ』

新装備の試験評価をする『あすか』と艦艇への燃料、真水、その他の物品を補給する『ときわ』です。

『あすか』は自衛隊が開発した艦艇搭載の装備機器の試験を行うための様々な機器が搭載されています。

『ときわ』は最早説明が不要ですが、今年の3月15日に出国し、インド洋方面での給油支援活動に参加、9月2日に帰国しました。『ときわ』は自衛隊による初の国際貢献活動であるペルシャ湾での掃海作業に参加した艦でもあります。





以上、駆け足でお送りしましたが、他にも見所のあるYOKOSUKA軍港めぐりは参加する価値があります。

ただし、我が国の平和と独立を守るのが海上自衛隊の任務なので、参加する日によっては自衛艦が全然いない日、極東地区に睨みを利かせる米海軍艦艇もいない日もありますので、今回は運がいいほうです。

逆に今回の『まつゆき』や『せとゆき』のように横須賀所属以外の自衛艦や米海軍の特殊な艦艇が在泊している日もあるので、どんな艦艇と出会えるかは、運任せです。



YOKOSUKA軍港めぐり

去る11月3日にYOKOSUKA軍港めぐりに参加し、満艦飾(軍艦や自衛艦が祝祭日、記念日、式典等に際し、祝意を表すために艦首からマスト、艦尾にかけての旗線に、信号旗などの旗をいっぱいに飾ること)を実施する海上自衛隊艦艇を撮影したので、その中から何枚かをお見せします。



京急汐入駅をおり、汐入桟橋から11時45分に乗船し、12時に出港。ガイドのお姉さんの説明を聞きながらツアー開始。

右手に米海軍の施設を眺めながら始めに見えてきたのは第2潜水隊郡の『おやしお』型潜水艦。新鋭艦の『そうりゅう』型が呉基地への配備が始まっていますが、海上自衛隊潜水艦隊の主力潜水艦です。

明日もきっと晴れ?(仮)-2潜群クルージング船へ手を振りかえす乗員の方

他の乗船していた方が露天甲板から手を振っていることに気がついた舷門の乗組員の方が手を振り替えしてくれましたので、年甲斐もなく私も手を振ってみました。

ちなみに横須賀に配備されている潜水艦部隊、第2潜水隊郡の施設やこの岸壁はは米海軍横須賀基地の中にあります。

右手に米海軍横須賀基地、左手に海上自衛隊横須賀基地吉倉地区を眺めながら進むと、右手になにやらだだっ広い海面が…。

ガイドによれば、ここは空母が停泊する岸壁だそうだ。

残念ながら、ジョージ・ワシントンは任務行動で出港中だったが、代わりにいたのは在泊米艦艇で唯一の満艦飾を実施していた『アーレイ・バーク』級ミサイル駆逐艦(艦名不詳)。

この艦が停泊している岸壁は『ジョージ・ワシントン』が停泊するので、配備に合わせて岸壁の改修やクレーンの新設、海底の堀下げを行ったそうです。

ちなみに、米海軍は横須賀基地にあるクレーン全てに愛称をつけており、この2基のクレーンはそれぞれ『YOKODUNA(横綱)』、『OZEKI(大関)』という名前が付けられています。

明日もきっと晴れ?(仮)-USN『アーレイ・バーグ』級駆逐艦

手前に浮いているものですが、小型船舶による基地への侵入を防ぐ海上のフェンスだそうです。

まぁ、強力な軍艦も停泊中に襲われちゃ無防備ですし、実際に米海軍は爆装モーターボートで停泊中の『アーレイ・バーグ』級が襲撃されましたからね。



船は風と波で揺られながら吾妻島を周り船越地区へ。

風が強くそれなりに揺られましたが、風のある日のほうが、横浜港や東京湾の対岸の千葉県も見られるのだそうで、揺れない快適な船旅か、揺れて眺めがいい船旅か、ですね。

この1つ前の便は横須賀港を出て吾妻島を周るコースを断念し、新井掘割水路で船越地区へと抜けたそうです。



明日もきっと晴れ?(仮)-『うらが』『はたかぜ』掃海母艦『うらが』とミサイル護衛艦『はたかぜ』

この2隻はYOKOSUKA軍港めぐりのパンフの顔になっています。パンフでは並びが逆ですが。

『うらが』は機雷戦が主任務ですが、アフガニスタン難民支援やロシア潜水艇救難といった国際貢献、新潟中越沖地震といった災害派遣にも活躍しています。

元『うらが』乗員曰く

「見た目が大きいから揺れない艦って思われやすいけど、実際は船体の関係で揺れやすい艦なんだよね」

だそうです。


明日もきっと晴れ?(仮)-41MD『2号』第41掃海隊と輸送艇『2号』

こちらは第41掃海隊と輸送艇『2号』。

奥に停泊している左手の艦番号682が掃海艇『のとじま』、その右が掃海艇『すがしま』。

手前左手は掃海艇『つのしま』、右手が輸送艇『2号』。
輸送艇『2号』は人員や物資の輸送、掃海艇は掃海作業(機雷の除去作業)を任務としています。


明日もきっと晴れ?(仮)-51MD第51掃海隊

船越地区の対岸に停泊中の第51掃海隊の3隻の掃海艦。

左から『やえやま』『はちじょう』『つしま』。

前の掃海艇もですが、海上自衛隊の掃海艦艇は木造です。これは、磁気機雷、船体の磁気を感知して発火する機雷の探知を避けるためであり、この掃海艦、『やえやま』型掃海艦は航行できる世界最大の木造船です。

しかしながら、木造ゆえの寿命の短さ、木造船の建造や修繕に関わる技術者の不足により、海上自衛隊も新型掃海艇はFRP製に切り替えることを決定しました。



まだ、途中ですが、いったんここで終わりにして、後日に後編をお送りします。

11月15日のココロ日記(BlogPet)

ひろやまさんとココロがセッキンチュゥ♪セッキンチュゥ♪

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

『明日の君と逢うために』と帝国海軍と海上自衛隊

今日も今日とて飛んでいるタイトルだなと思いつつも、いつものことなので置いておくことにしよう。
さて、パープルさん『あると』のヒロインはみやび氏と岩崎考司氏のミリタリー好きから旧海軍の艦艇、航空機から名づけられているので、明日の君と逢うためにのヒロインと旧海軍艦艇、海自艦艇との繋がりを考えてみた。

若宮明日香嬢
水上機母艦『若宮』(日本初の水上機母艦であり、第1次大戦の青島攻略戦で日本初の航空作戦を展開。)
試験艦『あすか』(海上自衛隊試験艦。)

泉水小夜嬢
防護巡洋艦『和泉』(旧海軍防護巡洋艦『和泉』。漢字が違うが、読みが同じなので…。)

夕霧瑠璃子嬢
駆逐艦『夕霧』(初代)(『東雲』型駆逐艦。全艦英国製で日露戦争に参戦、日本海海戦にも参加。)
駆逐艦『夕霧』(2代目)(日本海軍『吹雪』型駆逐艦
護衛艦『ゆうぎり』(海上自衛隊『あさぎり』型護衛艦。『ゆうぎり』伝説はリンク先コレを参照。)

藤崎朝日嬢
戦艦『朝日』『敷島』型戦艦 明治期の主力戦艦。横須賀に保存されている『三笠』と同型艦)
護衛艦『あさひ』(海上自衛隊創設期の米海軍から貸与された『あさひ』型護衛艦。)

月野舞嬢、御風里佳女史については該当艦艇見当たらず。

ここで出した艦艇で旧海軍艦艇の一部は艦種を変更されたものもあるが、個艦として有名なものを採用。また、個艦の艦歴についてはリンク先を参照願います。
あと、すたじお緑茶『片恋の月』のヒロインは日本海海戦に参加した主力艦を思い出させるし、CandySoftの『つよきす』も旧海軍、海自艦艇からきているヒロインがいるので、他にも探せばあるんじゃないかなと。


しかし、何だかんだとぎゃるげと海自をくっつけてネタにしているブログやHPって、他にあるのだろうか?中の人が運営しているので。

約9カ月ぶり…


横野宏造のブログ-朝日

アラブの海の夜明け


無沙汰しております。

前回の更新後、仕事で海外に向かうことになり、それに伴う公私の準備と海外(中東)での仕事、帰国後の仕事により、更新が止まっておりました。

中東での写真撮影は仕事の都合もありますが、文化や国家秘密など厳しく制限されてまして撮影が出来なかったです。(イスラム教のモスク、港湾施設などの撮影は処罰対象)

今回は公海上を走る日本国籍船からの撮影ですし問題はありません。多分…。(海と空と朝日の他に何が写っている?)

ともあれ、日本に帰国して落ち着きましたので、まったりと更新していきます。



追伸

今回からヤプログ!からアメブロに移転しました。


行けと言われれば何処へでも行きます。ただし、守りたいものを守るためであり、行くことがそれ繋がると信じてのうえでです

最後の海自派遣部隊が出港 インド洋給油活動
47NEWSより

横須賀基地の隣の岸壁から護衛艦『いかづち』『むらさめ』型護衛艦)の出国を見送りましたが、舞鶴から出国した補給艦『ましゅう』『ましゅう』型護衛艦)とあわせて、派遣隊員総員の無事なる帰国を祈るのみです。
一度とは言え、インド洋派遣の経験者として色々と思うことはありますが、これくらいに。

11月08日のココロ日記(BlogPet)

今日も唇が買えませんでした……残念。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

赤い花を、真っ赤な花を咲かせましょう

今年も、乾燥した季節がやってきた。
そして、この季節がきたと感じるとある現象が先日から続いている。それは

はなぢ。

唇のあれは昔から、今の職に就き、横須賀に越してきてから何故かこの季節、というか冬というか乾燥した季節になると鼻血がちょっとしたことで出る。
鼻の粘膜が弱いということだが、やはり言われること

えろいことかんがえていただろ?

しかも、みんなが分かっていっている。
先日にはこんなことがあった。

T先輩「そういえば、最近出ているか?」
ひろやま「何にがですか?」
A先輩「鼻血だよ、鼻血。今日は出てないのか?」
ひろやま「今日はまだです」
A先輩「まだって…」
T先輩「出す予定とか決めてるのか…?」
ひろやま「いえ、特には。ご要望とあらば、今から出しますが?(指を立てながら)」
T先輩・A先輩「「やめろっ」」

この時期は外出時に外気温や体温の変化、血圧に注意しています。
万一、外出中に出てしまった時は、必死に気持ち悪いのを我慢して飲んでいます。
そして、これを書いている今現在、鼻にティッシュを詰めています。

小さな商店の新たな試み

今の職業に就いてから運がいいのか、日本海側を除く地域で見聞を広める機会を頂いている。
保全のため名前は伏せるがとある島で買い物をしたときの話をしよう。
その店はお土産と日用品を扱う店であったが、店の人と話をしたらネット通販も始めたらしい。観光地として有名な島ではあるが、店のある地区に来る人は多くはない。だったら、1度来たことがある人にもう1度、この地区の特産品を、来たことない人にも特産品を知ってほしいという思いから始めたとのこと。やはり、焼酎の原酒などの一部商品は通販には出さないとのこと。(焼酎の原酒は飲みやすかったので勧められたものの、下戸なので買わなかった。しかし、居酒屋で飲みやすさから翌日に響くぐらいまで飲んでしまった…。)

ネット通販により、全国の名産品が家に居ながら買える。
中には否定的な意見を持つ人もいるであろう。
しかし、それは当事者の意見であろうか?当事者(売り手)たるその地区の人たちはどのような考えであろうか?
ネット通販に活路を見出そうとする小さな街の小さな商店。
これは1つの事例であるが、偶然にも実際に触れた新たな試みとして紹介する。
プロフィール

ズッキーノ・ひろやま

Author:ズッキーノ・ひろやま
広く浅くぬるくなヲタっぽいナマモノ
しおかぜライン

応援中アーティスト
milktub ave;new 佐倉紗織さん ジョイまっくすさん すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE
応援中メーカーさん

Purple software OVERDRIVE 工画堂スタジオ チュアブルソフト リリアン minori ぱれっと ねこねこソフト コットンソフト ニトロプラス Fizz サジタリウス

応援中ラジオ番組
便利なブログパーツ
Twitter
リンク
WebRing
カテゴリー
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
過去ログ +

2015年 10月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【1件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【1件】
2011年 03月 【16件】
2011年 02月 【22件】
2011年 01月 【27件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【1件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【1件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【8件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【8件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【15件】
2008年 11月 【11件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【10件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【2件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【2件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【4件】
2007年 08月 【10件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【1件】
2007年 01月 【4件】
2006年 12月 【9件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【3件】
2006年 09月 【5件】
2006年 08月 【6件】

アクセス解析中


なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。