スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電撃ストライカー体験版考察『バルボラ帝国軍考察』

OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年06月24日発売!
6月24日にオーバードライブ、通称オバイブから発売される『電撃ストライカー』の体験版を全く違う方向から見てみようという企画の第1回。
今回は体験版冒頭のに出てくる

・日本領海内
・深度160m
・速力10ノット
・東京まで約3時間

以上の単語から様々な事を考えてみます。
以下、考察になるためにですます調の書き方ではありませんが、ご了承下さい。


バルボラ帝国軍考察第1回『バルボラ帝国軍、何処にありや?』
・先遣隊及び本隊の規模は?
本隊の規模は分からないが、先遣隊の使用した潜水艦は作中の描写から乗員は先遣隊メンバーだけであること、艦内の背景画から潜水艇ではなく小型潜水艦であると思われる。全体が描かれているが、比較対象がないために推測の域を出ない。
さて、小型潜水艦と仮定すると、バルボラ帝国本土(プロット漫画である『電激ストライカー にこにこ劇場』によると位置はアラスカ南方であると書かれている)からの単独航行は難しいと考える。原子力潜水艦が竣工したのは第2次大戦後であるので、通常動力型潜水艦(ディーゼルエンジン)であるためであり、小型潜水艦となれば、燃料、食料、真水の搭載量は限られる。
先遣隊の潜水艦とは別に民間船に偽装した潜水母艦が随伴もしくは先行したか、補給潜水艦が先行していたと考える。
また、小型潜水艦が収容できるような大型船を建造して、日本近海までこれで運搬していたということも考えられる。偉大なるバルボラ帝国の科学力で超大型潜水艦を建造、母艦としたかもしれない。そして、日本側の哨戒区域外で母艦から分離した可能性もある。(第二次大戦では、日本海軍は民間商船を潜水母艦に、日本海軍とドイツ海軍は潜水タンカーと言うべき補給任務の潜水艦を保有していた)
先遣隊は小型潜水艦1隻、先遣隊の支援として潜水母艦か補給潜水艦が付属、もしくは、超大型潜水艦を母艦としたものと推測する。
予断だが、海上自衛隊潜水艦隊の主力である『おやしお』型の概要は基準排水量2750トン、全長82m、幅8.9m、深さ10.3m、乗員数70名である。なお、潜水艦の諸能力は最高機密であり、同じ自衛隊員でも関係者以外は知ることができない。


・バルボラ帝国本土から日本本土への進路は?
参考事例として日本海軍による真珠湾奇襲作戦で日本海軍機動部隊がとった航路、冬季の荒れた北太平洋航路がある。しかし、それは冬季の荒れた北太平洋の話であり、作中の描写からは冬季でないことが見られるのであくまで参考事例とする。
考えられる進路は複数あるが、前記の仮説と合わせて仮説を立ててみる。
まずは、水上艦船が母船とした場合を考える。
潜水艦が自力航行し、途中で補給を受けるにしろ、母船から発進するにしろ最短ルートを通るであろう。潜水母艦が商船なら日本の哨戒区域外、目的地が東京であることから関東当方海域であろう。


・先遣隊の位置は?
「速力15ノット」、「東京まで約3時間」というセリフが判断材料となる。
1ノットは船舶が1時間に1852m進む速さであり、10ノットは1時間に18520mとなり約19km、これで3時間航行すれば92600m、つまり92.6kmとなる。東京の沿岸から直線で線を引き約93kmの東京湾湾口付近(久里浜、三浦、金谷、館山を結ぶ線内)には水深が深いところがあるので、この付近が作中冒頭の先遣隊の潜水艦が潜んでいた位置と推測する。
余談であるが、作中で潜水艦を海没処分としているが、前期の仮定通りとするなら正しい判断である。浦賀水道以北は水深が浅く、大型船舶の航行が多数あり潜水艦が潜行するのは不適だからである。荷物を満載し喫水の沈んだ大型船舶が多数航行しており、海水の透明度が低いとは言え影により発見される可能性がある。(東京湾上空は以外と自衛隊機が飛んでいる)。


第1回バルボラ軍考察『バルボラ軍何処にありや?』はこれにて終了です。
細かいところを考えずに大雑把な考察ですが、特に先遣隊の位置に関して考察の結果、オバイブは実際の地図(海図?)を用いてバルボラ帝国軍の冒頭のシーンを書いたと言う事が分かりました。よく軍事関連はおざなりな描写になりがちですが、オバイブ製作陣が妥協せずに製作にあたっている姿勢が見えました。

しかし、能登半島沖不審船事件、九州南西海域工作船事件、漢級原子力潜水艦領海侵犯事件に見られるように日本近海の警戒監視網を潜り抜けて東京湾湾口まで辿り着けるのか?
次回は日本の警戒監視を中心に考察してみようと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

ズッキーノ・ひろやま

Author:ズッキーノ・ひろやま
広く浅くぬるくなヲタっぽいナマモノ
しおかぜライン

応援中アーティスト
milktub ave;new 佐倉紗織さん ジョイまっくすさん すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE
応援中メーカーさん

Purple software OVERDRIVE 工画堂スタジオ チュアブルソフト リリアン minori ぱれっと ねこねこソフト コットンソフト ニトロプラス Fizz サジタリウス

応援中ラジオ番組
便利なブログパーツ
Twitter
リンク
WebRing
カテゴリー
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
過去ログ +

2015年 10月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【1件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【1件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【1件】
2011年 03月 【16件】
2011年 02月 【22件】
2011年 01月 【27件】
2010年 12月 【16件】
2010年 11月 【9件】
2010年 10月 【1件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【1件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【7件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【7件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【12件】
2009年 12月 【8件】
2009年 11月 【13件】
2009年 10月 【8件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【4件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【10件】
2008年 12月 【15件】
2008年 11月 【11件】
2008年 10月 【11件】
2008年 09月 【10件】
2008年 08月 【6件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【4件】
2008年 05月 【2件】
2008年 04月 【3件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【7件】
2007年 11月 【2件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【4件】
2007年 08月 【10件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【2件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【1件】
2007年 01月 【4件】
2006年 12月 【9件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【3件】
2006年 09月 【5件】
2006年 08月 【6件】

アクセス解析中


なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。